猫とCANDYとワンピース

WEBの迷路でさまようruruの気になる情報を発信しちゃうね

*

本日の人気記事

ハンドメイドアクセサリーの値段のつけ方どうしてますか

      2015/10/31

ハンドメイドのアクセサリーを作って販売している人すごく増えましたねー♪

とっても素敵なことです。

自分の作ったものを、誰かがお金を出して買ってくれる。

これってすごいことですよね。

ネットがこんなに普及するまえだと、かなりハードルは高かったでしょうけれど、今はネットマーケットで登録すれば割と簡単に売ることができます。

しかも世界中のハンドメイド好きなお客さんが見てくれます。

自分の作ったものが海を越えて、もしかしたらイタリアのアパートメントのリビングに飾られるかもしれない。

そんなこと考えると綾瀬はるかさんじゃなくても、うしくてワクワクしちゃいます💛

値段の決め方の前に、ハンドメイド初心者さんむけにちょっとハンドメイドの販売の仕方について説明しておきます。

そんなのいいから早くっていう人はこちらからワープ♪

ハンドメイド作品をどこで売るの?

作った作品を売るときに一番簡単なのが、ハンドメイドマーケットですね。

少し前だと、ヤフオクに登録してみたり、フリマにもっていってみたり。

それに比べるとハンドメイドマーケットはかなりお手軽に始められます。

ハンドメイド作品 ボタン

ハンドメイドマーケットの特徴

ハンドメイド・マーケットのサービスはここ数年で20以上のサービスが誕生しました。

現在は10社程度だそうです。

その中でも上位4社は10万点を超える作品の登録があるそうです。

ハンドメイドマーケットのサービスを使えば、まず作品の登録が簡単です。

テンプレートが用意されているので、作品の写真を撮って、簡単に説明を書いて、値段を決めたらできあがりです。

しかも、写真の上手な撮り方や説明の書き方までていねいに教えてくれるので、これから始める人にはもってこいですね。

それぞれのハンドメイドマーケット・サービスの特徴

上位4社の特徴を、実際に登録して販売しているお友達のひかりちゃんに聞いてみました。

ヒカリノアトリエ作品

ひかりちゃんはスマホケースやアクセサリーを生花を使って作っています。

お友達の作品だからというわけじゃなくとっても素敵な作品で、わたしもいくつか持ってます♪

4大ハンドメイドマーケット・サービスの特徴

あくまでもひかりちゃんの感想ですけど、実際に使っている人の感想ですから一番参考になると思います。

自分の作品とミスマッチなところだけに登録しちゃうと、せっかくいい作品でも売れないっていうことになりますから要注意です。

初心者にやさしいminne

まずは圧倒的な登録者数のminneからです。minneサイト画像

minneはとにかくお客さんが多い

見ている人が多いです。

その分売り手が多いのも特徴。

売るのも買うのも簡単でわかりやすい。

手作り感いっぱいのtetote

tetoteサイト画像

tetoteは、他のサイトでは売上金の振込は普通翌月末日なんですが、tetoteではその月の末日に振込まれるのが嬉しいです。( ※自動申請の場合です)

あとtetoteはとっても手作り感があります。

お母さんが子供に作ってあげるバックとかママグッズが多い感じです。

スタイ(よだれかけ)とか温かみがあります。

サイト全体のデザインが少しチープ感があるかなぁと思います。(ごめんなさい)

お値段も(売値)全体的に優しめな感じ。

おしゃれなcreema

creemaサイト画像

creemaは都会的なイメージです。

全体的に洗練されたデザインのものが多く見られると思います。

お値段は平均的に、minne、tetoteよりはお高めな感じ。

ザ・職人 iichi

iichiサイト画像

iichiは職人さんの手仕事!っていう感じが強いです。

リアルでお店を経営している人も多くてプロが多いです。

なんか渋くてかっこいいイメージです。

お値段はminneやtetoteに比べるとお高いけど、作品のレベルが全然ちがいます(笑)

これから始めるなら

ここまでを簡単にまとめると、ちょっと売っちゃおっかなーみたいな感じならminneとtetote。

いやすでに本格的なもの作っちゃってるからっていう感じならcreemaとiichiっていう感じですかねー。

いろいろ聞いたり調べた感じではminneにまずは登録して、様子を見ながらほかのサービスもっていうのがいいと思います。

無料で登録できるので全部しちゃいたくなるけど、

実際に始めてみると、どこでいくつ売れたから商品ページを更新しなくちゃとか、この作品は先にあっちのお客さんにうれちゃったからsold outにしとかなくちゃとか

そういう管理って意外と大変です。

値札

ハンドメイドの値段の決め方

実際に作った作品を登録する段階で、一番悩ましいのがお値段のつけ方です。

いくらで売るか。

たぶん中には、儲けるつもりはないからいくらでもいいとか、たくさん作っちゃって余ってるから捨てるよりはいいからいくらでもみたいな人もいるかもしれません。

それじゃあ、うんと安くすればすぐ売れるかというと、そうでもないのが不思議なところです。

安ければいいのか

普段のお買い物でもそうですけれど、あまりにも相場と比べて安いとちょっと疑っちゃいます。

すぐ壊れちゃうんじゃないかとか、色あせしちゃうんじゃないかとかいろいろ。

作者がすごく有名だったりブランド品だったとしても、あまりにもお安いと偽物じゃないかって疑っちゃうのと同じですね。

それと、赤字になるのを無視して値段をつけると、同じようなジャンルで作っている人たちの作品にも悪い影響があります。

商品には適正価格がありますし、そもそも見にくるお客様は安いモノを探している訳ではなくて、気に入ったから、手作りの味、一般の店舗には置いてないデザインが好きだから買うという人がほとんどです。

商売の経験がないとなんとなく利益を上乗せして売ることに罪悪感を感じるかもしれません。

でもこれが商売の基本です。

例えば家を建てるときに一番かかる経費は人工(にんく)手間です。

大工さんや材料を作った人にかかるお金です。

それとその会社が続けていけるための利益。

材料費だけみてこれで建てられるでしょっていう人はいません。

売る側が片手間でつくったものであろうと本業でやっている人であろうと関係ありません。

売る側も買う側も満足して幸せになる。

そうであれば続けられるし、もっといいものを作って提供できるモチベーションにもなります。

プライスレスでいいのは気持ちだけです。

ハンドメイドアクセサリー

ハンドメイド作品の適正価格とは

普通の一般的な商売であれば、同業他社の商品と比べたり、購買層のマーケティングをしたりして販売価格を決めます。

でもハンドメイド作品の場合は、こういったことは一切無視していいと思います。

だって世の中に1つしかないものですから。

何十万個も売るものと一緒に考える必要はないのです。

とはいえめちゃくちゃな値段は付けられません。

きちんとかかった原価を計算し、それに自分が欲しい利益を上乗せする。

欲しい利益は、単純に%で決めてもいいし、かかった時間を時給計算して足してもいいでしょう。

原価計算をきちんとする

原価とは、材料費+作業代+梱包材料(パッケージなど)です。

これが決まっていないと利益も決められません。

なんとなく周りの同じような商品が2,000えんだからそのくらいかなーみたいに決めちゃうと、もしかしたら作れば作るほど赤字になることもあり得ます。

まずその作品の原価を出す。

次の作品の材料も買わなくちゃいけないし、使った時間をお金に変えることも慣れなくてはいけません。

手間賃以外は全部原価と考えます。

原価計算用Excel表

わたしもネットでハンドメイド用の原価計算ソフトを探したのですけど

手芸用のものしかなかったので、Excelで作りました。

この表で、「儲け」のところに上乗せする金額をいれることもできますし、

「利益率」を指定して作品の値段を出すこともできます。

細かい部品はセットで購入するのが普通ですので、仕入値段とパックされてる個数を入れれば自動で一個あたりの原価が計算されます。

送料や梱包費用も忘れずに入力してください。

ハンドメイドアクセサリー原価計算表「めいどさん」ダウンロードページ
計算表キャプチャ

ハンドメイドは楽しく

始めたばかりで自信がないからといって、あまりにも安く値段を設定すると、そのあと値上げするのが大変になります。

自分が一生懸命作った作品ならば、作品を過小評価しないで、だれか相性の合うたったひとりの人に買ってもらえるはず。

そういう気持ちで送り出すのがいいですね♪

お客さんに買ってもらった後、レビューやメールをもらうことがよくあります。

これはひかりちゃんのminneのレビューページからの抜粋ですけど

1442589430240 ヒカリノアトリエレビュー画像

こんなこと買っていただいたお客様からいわれちゃったら、もう感激で泣いちゃいます(笑)

ぜひみなさんもうれしくてワクワクするハンドメイドライフを楽しんでください。.。o♡

それではまた チャオ!(^_-)-☆


 

こちらから無料登録していただくとわたしにちょっぴり宣伝料が入ります♪

よろしくなのです💛



minne(ミンネ)はハンドメイド作品のオンラインマーケットです。

手作り作品のネット販売が、月額利用料「0円」で行えます。

お金のやりとりはminneが代行するので、初めての方でも安心です♪

パソコン、スマホどちらからでも
すぐにあなたの作品を販売できるminne(ミンネ)はこちらから。

 

 - ハンドメイド ,

シェアしてくれるとすごくよろこびます。.。o♡