猫とCANDYとワンピース

WEBの迷路でさまようruruの気になる情報を発信しちゃうね

*

本日の人気記事

マイナンバー で 軽減税率 一般国民は一日533円で生活

      2016/01/01

レジと猫

ちょっと煽ったタイトルになっちゃいましたね。

すみません。

ついにきましたねー。

こちらのニュースです。

前回のマイナンバーのマイナンバー制度の罰則で会社が潰れる心配で少し書いた、マイナンバーを利用した軽減税率のことです。

 

軽減税率 は8% 高い?安い?

マイナンバー適用についてはあとで書きますが、まずは軽減税率についておさらいです。

そもそも「 軽減税率 」というのは、消費税を10%とか将来的に20%とかにする場合、所得があまりない人には負担が大きくなるので、食料品や日用品への消費税を安くしましょうという仕組みです。

所得が低い場合、食料品や日用品につかうお金が、収入全体から出ていく割合が多いので割引しまようということですね。

消費税率が高いヨーロッパ諸国でも取り入れられてる仕組みです。

日本の 軽減税率 は安いのか高いのか

まず8%という数字ですけど、これはどうなんでしょうか。

軽減税率を取り入れている国をおおまかに見てみると

国名 消費税率 軽減税率
イギリス 17.5% 食料品など0%
光熱費など5%
ドイツ 19% 食料品など7%
フランス 19.7% 食料品など5.5%
スウェーデン 25% 食料品など10%
イタリア 20% 食料品など4%
スペイン 16% 食料品など4%
アメリカ 州による 州による

直接税(所得税やその他支払った人が特定できる税)がちがうので比べるのは難しいですけど、市民感覚ではちょっとお高い気がします。

軽減税率についてくわしく見ていくと国全体の税制も考えなくちゃいけなくなるので、ここは軽減税率がどういうものかというおさらいにしておきます。

 

軽減税率 で帰ってくるお金は4000円?

この案で描かれているシチュエーションを順に見ていきますね。

①スーパーやコンビニで食料品などを買う時にレジでマイナンバーカードを提示する。

この時、子供が外で買い物をするときにも軽減税率 は適用されるので、もちろん子供でも自分のマイナンバーカードを持ち歩く。

レジでは高齢のお客さんが、ポイントカードを出してマイナンバーカードを出して小銭を出して、たまに領収書ちょうだいとかいうので混む。

※注意点・・・マイナンバーカードは、総務省いわく簡単に人に知られるのはまずいので総務省から配られたカードケースに入っているため取り出す準備が必要。

②スーパーやコンビニでは、今までのレジスターでは対応できないため、クレジットカードの決済端末のような機械を8万円(クレカ端末の場合)かけて一台のレジに一台設置する。

※注意点・・・日本全国に飲食料品小売店数は、約40万店舗あるらしいので、400,000×80,000=32,000,000,000円。320億円。

大型スーパーなどは除く。おそらく税金で導入?

スーパーで税率を計算する人

③スーパーやコンビニはマイナンバー法にをきちんと守れるように、システムを小規模の店舗で初期費用約70万円+月額利用料15,000円(NTT東日本)をかけて導入します。

※注意点・・・運用管理者は各事務所や店舗できちんと決めて、その人以外が情報を知ることができないようにしなければなりません。

もし法令に違反した場合、違反者と会社両方に懲罰刑を含めた罰則が適用されます。

④軽減税率 の適用を受けたい人は、確定申告などに合わせて申告して還付を受けます。

※注意点・・・還付が受けられる金額は上限4,000円です。4,000円が2%ということは消費税込みで年間20万円が食料品などです。

大まかにいうと一カ月当たり1万6千円以上食費にかけられる人はお金持ちだから10%払いなさいということです。

一日当たり533円で一家生活しろってことですね。

もやしばっかりはやだよーママーとか贅沢を言わせてはいけません。

以上が、マイナンバーで軽減税率分 を返してもらう流れです。

 

狙いは別のところではないか

いろいろと突っ込みどころはありますが、

まずいちいちマイナンバーカードを持っていくのが面倒だ。

という意見に対して麻生財務大臣が答えを出してます。

「カードを持ちたくなければ持って行かないでいい。その代わり、その分の減税はないだけだ」

お おうっ。

なるほどですねー。

これはもう軽減税率をどうやったら適用しなくて済むかのシステムかもしれません。

ポイントセンター設立

購入情報や還付する金額を管理するためにポイントセンターが設立されます。

やる気満々ですよー。

これはまた税金投入できっちり設立しますね。

ポイントセンターの所長とかはもちろん財務省とかからいらっしゃる訳ですね。

レジ前で踊るバレリーナ

 

軽減税率 廃案?

わたしは、この一連の報道を、

もうすごいお金もかかるし減税した以上に手間もかかるし、

軽減税率 やめようよ。

っていう流れにもっていきたいんじゃないかなーてじろりんちょしてます。

どう考えても、エリート中のエリートの財務省官僚が、こんなアホみたいな(すみません)こと本気で考えたとは思えないからです。

もしこの制度を本気で運用しちゃったら、諸外国のいい笑いものです。

なんだかイライラしてきちゃいましたね。

長くなったのでいろいろある問題についてはまた別の記事で。

今日も癒されて終わりましょう!

それではまた♪

チャオ(^_-)-☆

カートに乗る犬

 

 

 - 社会 ,

シェアしてくれるとすごくよろこびます。.。o♡